宿泊

伊豆白浜、板戸区・白浜板戸海岸付近の宿泊・観光情報をご紹介

板戸区の宿泊施設一覧

  • たちばな
    たちばな

    開放感ある180度の海岸線・岩肌の岬。眼の前にひろがる白浜海岸の景観、美しい夜空の景観、飲むほどに、食べるほどに、会話がはずみ楽しみが広がります。
    まるで田舎のおばあちゃん家に泊まりに来た様な雰囲気が味わえる宿!

  • すず福
    すず福

    磯の宿「すず福」は、下田、白浜の坂戸海岸(一色海岸)そばにある静かで落ち着いたところにある旅館です。 爽やかな海とお腹いっぱいの魚介で、伊豆の思い出を彩りませんか。


  • 喜恵門荘

    眼下に広がる海、伊豆七島が並んで見え、日の出、月の出が部屋より見ることができます。
    料理は伊勢海老網(10月~5月)で獲れた魚介類(ぶだい、かわはぎ、さざえ)をメインにした郷土料理とおふくろの味となってます!

  • にいえ
    にいえ

    静かな入江の民宿です。気兼ねしないくつろぎやすさと地元の新鮮な魚介類をふんだんに使ったお料理で、心のこもったおもてなしをいたします。

  • 龍宮荘
    龍宮荘

    心地良い潮風を受けながら、部屋から海を眺めたり、庭先でのんびりと過ごす時間
    昔から変わらない自然とその風景、そして女将自らが獲る海の幸でお迎えします。

  • 海
    川端

    一色海岸沿いにある海鮮料理自慢の宿です。

  • ペンション ラ・シャンス
    ペンション ラ・シャンス

    白浜中央海岸まで徒歩3分・自家製野菜や伊豆の新鮮な食材を使った極上のフレンチをご堪能下さい。貸切のできる
    露天風呂もございます。

板戸区(白浜板戸海岸)

白浜板戸海岸(一色海岸)

白浜板戸海岸(一色海岸)
白浜板戸海岸(一色海岸)

白浜海岸で最も北に位置する「板戸海岸」。地元の人たちは「一色(いちき)海岸」と呼びます。
白浜にありながら、静かで落ち着いた、昔ながらの漁師村の風情を残した地区です。
ここには、龍宮島と呼ばれる島があり、その周りは磯で囲まれているため、特に引き潮の時は磯遊びをするには最高の場所といえるでしょう。

また、入り江になっているところがあるため、波が穏やかで素潜りやスノーケリングにも最適。
外洋に面した岩場や、近くの板戸漁港は釣りのポイントでもあります。
ご家族でグループで、のんびりと時間を過ごすにはぴったりの場所ですよ。

◆サザエやトコブシ等を採取すると法律により罰せられます。ご注意ください。

◆板戸区駐車場~夏期は有料
◆夏の間は、シャワーや脱衣所が設置されます

この板戸地区は「アロエの里」とも呼ばれ、毎年11月下旬から1月下旬頃までとんがり帽子のような真っ赤なアロエの花が咲き、アロエの開花時期に合わせて「アロエの花まつり」が行われます。

楽しむ子供たち
楽しむ子供たち
海
花
アロエ

アロエの花まつり

2018/12/1~2019/1/8 ※本年度の開催は台風被害により中止になりました

白浜にアロエがもたらされたのは明治時代の後半、白浜の漁師さんが南の島から持ち帰り、それが増えていったと言われています。
アロエ群生地となった白浜の板戸地区は「アロエの里」と呼ばれ、花の咲く時期になると一面が真っ赤に染まるほどきれいになります。

白浜観光協会ではこの時期に合わせてアロエの花まつりを開催しています。
会場に売店を設け、アロエ製品や地場産品の販売、アロエ茶のサービスなどを行っています。

また期間中は、アロエ料理を出したりアロエ風呂に入れる宿もあります。
詳しくは、白浜観光協会までお問い合わせください。
◆駐車場~アロエまつり期間中は無料

アロエのことを更に詳しくお知りになりたい方は以下のページでどうぞ。
日本アロエセンター

白浜・板戸港
伊豆白浜の伊勢海老

白浜・板戸港

伊豆の特産といえば「伊勢えび」。
ここ板戸港には、地元の漁師さんたちの船がたくさん停泊していて、イカ釣り船等の他に伊勢えび漁に使う船もあります。
★伊勢えび漁の期間は、毎年10月から5月まで。

期間中は、満月の日や海が荒れている時を除いた日の夕方に網を仕掛け、翌日の早朝にはその網を引き上げます。
地元、白浜では漁の期間中に伊勢えびを出しているお店や宿があります。
新鮮な伊勢えびを堪能してみてはいかがですか?

*写真は、伊勢エビ漁で使った網を修理しているところ(左上)と、下は港でのイカやサンマの丸干し、ワカメや天草を庭先で干しているところです。

イカやサンマの丸干し
ワカメや天草の庭先干し